2017年06月05日

2017年6月 朝礼ご挨拶

皆さん、おはようございます。
さあ6月の朝礼です。ついこの間、2017年を迎えたと思っていましたら、あっという間に6月、もう1年の半分が過ぎようとしているのですね。本当に速過ぎて、もうびっくりです。

先月末にはJHQCの現地審査が、粛々と終了いたしました。関係してくださった方、大変ご苦労様でした。ありがとうございます。
JHQC審査の時に、これまでの慶友会とこれからの慶友会について考えてみました。その一端を皆さんにも少しお伝えしたいと思います。

私たち慶友会は36年になりますが、次の30年間を考える時機です。これまでの30年間とは異なり、医療は拡大ではなく縮小に舵が切り替えられていきます。そのような中で、築き上げた慶友会の特色をいかし、「地域の質向上」を目的に慶友会ブランドのバージョンアップ(医療の質向上)を図りたいと思っております。それは予防医療です。医療費抑制の厳しい時代のなか、予防医療はより重要性を増すと認識しています。
慶友会は予防医療を通じて地域の健康づくりに寄与していきたいと考えています。

経営の面では、6月中に地域包括ケア病床をさらに6床増床し、50床から56床に変更します。常に経営強化策を検討していきます。壮大な目標を掲げるのではなく、患者さんに寄り添う視点を忘れず、地に足がついた展開を図っていくことが使命だと考えております。

皆さん、本年後半もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 吉田 良子 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする